歯ブラシの交換時期を見極めるポイント

交換する目安を知っておこう

>

歯ブラシの使い方を知ろう

早く交換した方が良い場合

毎日、歯ブラシの状態をチェックしましょう。
毛先がボロボロになっている時は、交換の目安だと言われています。
また新しい歯ブラシにして数週間しか経過していない場合でも、すみやかに交換してください。
毛先ボロボロの歯ブラシでは歯と歯の間や歯と歯茎の間など、細かい部分を磨けません。

また毛先が歯や歯茎を傷つける可能性があるので、ボロボロになった歯ブラシは使わないでください。
歯や歯茎に傷がつくと、そこにバイ菌や汚れが溜まります。
傷の奥に入り込むと歯ブラシでは落とせなくなり、気づかないうちに病気が進行してしまいます。
そのため歯を磨く際は、口内を傷つけないよう磨くことがポイントです。
この機会に、正しい磨き方を知ってください。

ボロボロになる原因

では、なぜ歯ブラシの毛先がボロボロになってしまうのでしょうか。
大きな原因は、毎日歯を磨く時に力を入れていることです。
歯ブラシに与える負担が大きいとそれだけ消耗するスピードが速くなるので、力を弱めてください。
数週間で歯ブラシがダメになる人や、歯に歯ブラシを当てた時に毛先が広がる人は、力が強すぎると判断できます。

もっと弱い力でも汚れを落とせるので、軽く擦ることを習慣にしましょう。
自分が正しく歯を磨けているのか、鏡を見ながらチェックするのがおすすめです。
さらに隅々まで綺麗に磨けるよう、歯磨きに集中してください。
テレビを見たりスマートフォンを操作したりするなど、他の作業をしていると歯磨きが疎かになってしまいます。


この記事をシェアする
TO_TOP